あなたのこだわりを「質の高さ」で叶える
浜松の注文住宅会社3選
これがなければ注文住宅の意味がない浜松の地元住宅メーカーで叶えられる
注文住宅ならではの

平屋

  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/(完成予想図)
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/

年を取っても暮らしやすい「階段の無い家」という選択肢。
建売にはファミリー向けに作られた2階建てが多い中で、平屋は注文住宅ならではのこだわりといえるかもしれません。平面なので生活導線を描きやすく、建てる前から暮らしのイメージができます。

平家の工務店

遠鉄ホーム

遠鉄ホームの
施工事例を見る

自然素材

  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01

一段上をゆく「自然素材・木の家」はどうですか。
板倉造りとは、伊勢神宮などの神社仏閣に採用されている伝統工法です。通常よりも3倍ほど多い無垢の木材を贅沢に使用する村木の板倉造りは、調温・調湿に優れ年間を通じて快適に過ごせます。

自然素材の工務店

村木建築工房

村木建築工房の
施工事例を見る

独創的外観

  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/french-antequeno-kawaiiie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/

せっかく注文住宅を建てるのに、外観にこだわらずどこにこだわるつもりですか?
エコーアートなら内外をヨーロピアンやメルヘンチックな雰囲気で満たし、ひと目で「好き!」と思える注文住宅を叶えられます。

独創的外観の工務店

エコーアート

エコーアートの
施工事例を見る

厳選!浜松市の頼れる注文住宅メーカーガイド » 注文住宅を建てる前に知っておきたいこと

注文住宅を建てる前に知っておきたいこと

公開日:|最終更新日時:

注文住宅のイメージ(白いリビング)

家を建てると決めたらまず初めにやるべきことは?

住宅メーカーを選び資料請求をする

家を建てると決めたらどのような暮らしがしたいのかを家族と話し合いましょう。

平屋なのか2、3階建てなのか、リビング、プライベートルーム、庭などどの部分を重要視するのか検討しましょう。そのうえで自分の建てたい住宅と見合うメーカーを選び資料を請求しましょう。

見学会に参加してみる

各メーカーでは建設中や完成した住宅の見学会を実施しています。実際に建てられた住宅を見て、自分の建てたい家とマッチしているのか、仕様が予算をオーバーすることはないかチェックしましょう。

住宅展示場・ショールームに行く

住宅展示場やショールームでは各展示場のモデルハウスが見られる他、営業担当者が常駐しているので費用やローンなどの相談にも乗ってくれます。

まずは浜松で使える
住宅補助金を確認する

家を建てる前に!知っておきたい基礎知識まとめ

住宅の工法にはどんな種類がある?

住宅にさまざまな種類があるように、住宅を建てるための工法にもさまざまな種類があります。ここでは、代表的な工法である木造軸組工法、木造枠組壁式工法、鉄骨工法の特徴やメリットについて見ていきます。

フルオーダー・セミオーダー・規格住宅の違いは?

住宅を建てるための方法には、フルオーダー、セミオーダー、規格住宅の3つの種類があります。それぞれ建築の自由度や費用、完成までの期間などが異なるので、自分の理想に合致した方法を選ぶことが大切です。

新築で建てた場合の税金は?

家を建てる際には土地代や工事費にばかり目が行きがちです。しかし、忘れてはいけないのが各種税金。予算計画には、家を建てる際にかかる税金も忘れずに含めておかないとあとから思わぬ出費が出てくることになります。

子育てしやすい家のポイントは?

家を建てた際には子供がいなくても、いずれ子供が生まれれば子育てしやすい環境が必要になります。そのため、家を建てる際には子育てのしやすさも考慮しておく必要があります。また、子供の成長に合わせて間取りを変えていくことも大切です。

住宅が対象の保険と加入のタイミングは?

不意の事故や災害から住宅を守るためには、各種の保険への加入が欠かせません。それらの保険の内容や補償範囲の把握のほか、どのタイミングで入ればいいのかも重要です。ここでは、代表的な保険の特徴について見ていきます。

「JIO完成サポート」とは?特徴や手続きについて

JIO完成サポートとは、日本住宅保証検査機構が運営している保証サービスです。住まいが完成する前に建築会社が倒産してしまうというアクシデントに対応するためのもので、3種類のサポートから必要なものを選ぶ形になっています。

新築時に考えたい間取りの決め方

間取りは生活動線や屋内の見通しなど、さまざまな要素を決定づける重要なポイントです。また、間取りは子供の誕生などのライフイベントも考慮に入れて決める必要があります。そのため、新築時には部屋の間取りをしっかり決めておく必要があるのです。

住宅の断熱性能について

快適な住環境を確保するためには、住宅の断熱性能は非常に重要です。確かな断熱性能を持つ住まいを建てるためには、住宅の構造や断熱素材についての正しい知識を身に着けておく必要があります。

注文住宅で失敗しがちなポイントとは

せっかく長い期間と多額の費用をかけて注文住宅を建てても、完成してから失敗に気づくことはよくあるものです。家は簡単に建て直せるものではないので、計画段階から失敗しないように気をつけなくてはいけません。

シニア世代が暮らしやすい間取りは?

2世帯、3世帯住宅となると、高齢者が安全に暮らせるバリアフリー住宅にする必要があります。バリアフリーを実現するためには、段差の削減や手すりの設置など以外にも、間取りにも気をつける必要があります。

新築だからこそ気を付けたい湿気対策

新築を建てるときには、そこで快適な生活ができるように湿気対策をしておくことが大切です。窓や各種換気設備、そして季節ごとの適切な換気方法について知ることで、湿気を溜め込まない快適な生活を目指せます。

注文住宅が完成するまでの流れ/着工から工事完了まで

次に、工事着工から住宅完成までの6つのステップを紹介します。

1.工事着工

工事着工にあたっては、整地が必要となる場合もあります。また、建て替えなら解体工事も必要です。

ポイント…整地や解体工事も含めて、事前には必ず近隣への挨拶が欠かせません。

2.地縄張りと地鎮祭

住宅の大きさやレイアウトなどがわかるように縄をはっていく作業を地縄張りといます。その後、地鎮祭を実施します。

ポイント…地縄張りが図面通りかをチェックします。地鎮祭は略式化するなどコスト削減にもなります。

3.基礎工事と上棟式

木造住宅の場合は最初に基礎をつくり、土台や柱・梁といった骨組みをつくります。最上部の棟木という部材を上げるタイミングで上棟式を実施します。

ポイント…完成後には目にしにくい構造部分の状況をチェックしましょう。

4.外装と配管・配線工事

基礎工事が完了したら、まずは外壁や屋根といった外から見える部分の工事を行います。そのほか玄関のドアや窓(サッシ)といった取り付けを先に行います。その後に配線や配管などの工事を実施します。

ポイント…電気や各種端子の位置や数は配線工事前までに確定させ、建具のガラスの種類は内装工事が始まる前にまでに決めましょう。

5.内外装・内部建具工事

壁や天井に下地バードを貼ってから、床材や壁のクロスを貼っていきます。その他、内部の設備機器や照明器具などを設置していきます。

ポイント…下地ボード貼りが完了すると大工さんの作業も終わりなので、依頼ごとがあれば、それ以前に相談しておきましょう。

6.工事完了・検査

建物が出来上がったら、建築申請通りになっているかを工事監理者が検査します。その後に役所の検査があり、合格後に関係者立ち会いのもと、確認を行います。

ポイント…最初に完成状態の住宅をチェックする機会となります。全体的にチェックが必要ですが、工事の際に傷ができそうな部分(細い通路や窓、鏡など)や、各種設備(電気設備や水道、HEMなど)の動作チェックも行ってください。

注文住宅にかかる費用を知る

注文住宅の家本体を建てる費用

家本体を建てるための費用は以下の3つがあります。

1.地盤調査費、測量費

家を建てる土地の地盤強度を調べる作業が地盤調査費。

土地の面積・形状、隣地との距離などを測定するのが測量費で、これらを合わせて10万円程度といわれています。

2.設計費

建築士による設計費用は、建築費用の8~10%程度が目安です。

3.住宅本体の工事費

坪単価と延床面積との掛け算で算出します。

注文住宅の場合、その仕様によって坪単価もけっこう違ってきますが、大手の住宅メーカーで60万円前後、地域密着型の工務店で40万~50万円前後といわれています。

例えば、坪単価50万円で延床面積が40坪なら2000万円となります。

これに地盤調査費・測量費、設計費を10%とした場合、ここまでの小計は2210万円となります。

浜松市の土地費用相場

浜松の住宅土地費用相場(50坪):
1,100万円

2019年の静岡県 浜松市における土地の費用相場(平均取引価格)は坪単価22万円(単位平方メートル当たり6.7万円)になっています。エリアでは中区が一番高く坪単価31万円、続いて東区の19万円、西区、南区の16万円になっており、最も安いのが天竜区の6万円になっています。

注文住宅の本体価格相場

注文住宅の本体価格相場:
2,000~3,500万円

注文住宅は工務店であれば1000万円台から建てることは可能です。1000万円台の家は形状が正方形や長方形でシンプルで、凹凸の少ない形状のものが多いです。メーカー側で決められたプランからあまり変更せずに建てると安く上がります。

キッチンやバスなど、部分的にこだわりを入れた設計にすると2000万円台になってきます。費用を2000万円台に抑えるには内装には手をかけずにその分気に入った家具を入れるなどメリハリが必要になってきます。

3000万円台が大手メーカーの展示場のモデルハウスクラスのグレードのものを建てた場合と考えてよいでしょう。好きなデザイン、内装のグレードを上げることが可能になってきます。

4000万円を超えると中庭のある家や出窓など凹凸のある家など、建物に対して自由なデザインが可能になってきます。費用の高い住宅の場合であっても長期優良住宅の基準を満たしていて補助金が出たり維持コストが抑えられるケースもあり、その点を踏まえて検討していく必要があります。

工務店独自の「贅」で見る
浜松の注文住宅業者3選

浜松市の住みやすさを調べる

大型商業施設やタワーマンションが集まる都市部と、海や緑など雄大な自然に囲まれた校外部があり、エリアによってさまざまな表情を楽しめる浜松市。シーズンには観光客でも賑わいを見せますが、居住するのにも便利な環境が整っています。エリアごとの特徴や利用できる制度などを詳しくまとめました。