あなたのこだわりを「質の高さ」で叶える
浜松の注文住宅会社3選
これがなければ注文住宅の意味がない浜松の地元住宅メーカーで叶えられる
注文住宅ならではの

平屋

  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/(完成予想図)
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/

年を取っても暮らしやすい「階段の無い家」という選択肢。
建売にはファミリー向けに作られた2階建てが多い中で、平屋は注文住宅ならではのこだわりといえるかもしれません。平面なので生活導線を描きやすく、建てる前から暮らしのイメージができます。

平家の工務店

遠鉄ホーム

遠鉄ホームの
施工事例を見る

自然素材

  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01

一段上をゆく「自然素材・木の家」はどうですか。
板倉造りとは、伊勢神宮などの神社仏閣に採用されている伝統工法です。通常よりも3倍ほど多い無垢の木材を贅沢に使用する村木の板倉造りは、調温・調湿に優れ年間を通じて快適に過ごせます。

自然素材の工務店

村木建築工房

村木建築工房の
施工事例を見る

独創的外観

  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/french-antequeno-kawaiiie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/

せっかく注文住宅を建てるのに、外観にこだわらずどこにこだわるつもりですか?
エコーアートなら内外をヨーロピアンやメルヘンチックな雰囲気で満たし、ひと目で「好き!」と思える注文住宅を叶えられます。

独創的外観の工務店

エコーアート

エコーアートの
施工事例を見る

厳選!浜松市の頼れる注文住宅メーカーガイド » 注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » 住宅の工法について

住宅の工法について

公開日: |最終更新日時:

住宅の主な工法の種類

注文住宅といってもさまざまな住宅建築の工法があります。こちらでは住宅を建てる際に採り入れられている主な建築工法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

木造軸組工法

日本で古くから採り入れられてきた建築工法で、「在来工法」とも呼ばれています。現在日本で建てられていえるほとんどの住宅がこの工法によるものです。すべて木材で造られるため、日本の風土にマッチした住宅が建てられます。

柱と梁をいくつも組み合わせていくことで、耐震性をアップさせています。柱と梁の位置によって間取りが編成できるので、施主が希望する間取りに対応できるといった自由度の高さがメリットとして挙げられるでしょう。骨組みがすべて木材でできているため、リフォームしやすいのもメリットの一つです。

調湿性に優れている木材を使用しているため、結露やカビの発生も抑えてくれます。

木造枠組壁式工法

北米をはじめ、海外で採りいれられている工法です。別名「ツーバイフォー」とも呼ばれています。

2インチ×4インチの製材を使って柱を作成し、合板で壁を造って建てるのが一般的です。

製材の寸法が規格化されているため、職人の腕に左右されることなく安定した質の住宅が建てられます。

木造ながら箱型の造りになっているため、横揺れに強い耐震性能を確保できるのもメリットの一つです。

木造軸組工法と同じく木材を使用しているため、断熱性や気密性にも優れています。

鉄骨工法

鉄骨を使用した住宅を指します。一般的な住宅に使用されているのは、厚さ6mm以下の合板を使用した「軽量鉄骨造」です。

骨組みは木造軸組み工法と同じですが、木材は使用していません。

工場でカットされた部材を使用しているので、品質も安定しており、大量生産も可能な点がメリットといえるでしょう。

強度が高いため柱や梁などを多く設けなくても良い点から、広い空間を取りたい方にも向いています。

「リビングを広くしたい」「吹き抜けを造りたい」といった条件にも当てはまる建築工法といえるでしょう。