あなたのこだわりを「質の高さ」で叶える
浜松の注文住宅会社3選
これがなければ注文住宅の意味がない浜松の地元住宅メーカーで叶えられる
注文住宅ならではの

平屋

  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/(完成予想図)
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/

年を取っても暮らしやすい「階段の無い家」という選択肢。
建売にはファミリー向けに作られた2階建てが多い中で、平屋は注文住宅ならではのこだわりといえるかもしれません。平面なので生活導線を描きやすく、建てる前から暮らしのイメージができます。

平家の工務店

遠鉄ホーム

遠鉄ホームの
施工事例を見る

自然素材

  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01

一段上をゆく「自然素材・木の家」はどうですか。
板倉造りとは、伊勢神宮などの神社仏閣に採用されている伝統工法です。通常よりも3倍ほど多い無垢の木材を贅沢に使用する村木の板倉造りは、調温・調湿に優れ年間を通じて快適に過ごせます。

自然素材の工務店

村木建築工房

村木建築工房の
施工事例を見る

独創的外観

  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/french-antequeno-kawaiiie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/

せっかく注文住宅を建てるのに、外観にこだわらずどこにこだわるつもりですか?
エコーアートなら内外をヨーロピアンやメルヘンチックな雰囲気で満たし、ひと目で「好き!」と思える注文住宅を叶えられます。

独創的外観の工務店

エコーアート

エコーアートの
施工事例を見る

厳選!浜松市の頼れる注文住宅メーカーガイド » 注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » 子育てをふまえた家のポイント

子育てをふまえた家のポイント

公開日: |最終更新日時:

家を建てるとなるとあれこれ気になることは多いものですが、子育て世帯が知りたいのは「子育てしやすい家」をどうつくるか?ですよね。こちらでは、どんなポイントを押さえれば子育てしやすい家を建てられるか、一緒にチェックしていきましょう。

子育てしやすい家をつくるポイント

リビング&ダイニングは広々と!

リビングやダイニングは、家の中でも家族の団らんに欠かせない空間です。そのため、間取りを決める際にはリビングやダイニングを十分に広い間取りにすることが大切になります。

空間にゆとりをもたせれば、子どもは大好きな玩具を広げて、家族と一緒にのびのびと遊ぶことができるでしょう。また、リビングやダイニングを広くしておくことは、将来家族が増えたときの備えにもなります。

リビングや階段で家族が顔を合わせられる構造に

家の間取りで押さえておきたいのは、家族が毎日自然と顔を合わせられる構造にすることです。そのためには、階段を廊下ではなくリビングの中央に配置するといった工夫が有効でしょう。

家族が自然に顔を合わせられる間取りにすることで、家族間のコミュニケーションが増えたり、子供の顔色の変化に気づきやすくなったりするといったメリットがあります。

リビングやダイニングの近くに畳スペースをつくる

意外と子育てに向いているのが、畳スペースです。リビングやダイニング近くに畳スペースをつくっておくことで、お昼寝のときにいちいち寝室まで行かなくていい、赤ちゃんのおむつ替えのスペースや子供の遊び場として利用できるといったメリットがあります。

また、引戸を設置しておけば来客用スペースとしても使えるでしょう。

キッチンは見渡しを良くする

家の中の見通しが良い間取りにしておくことは、空間の広がりを楽しめるだけでなく、さまざまな場所から子どもの動きを確認できるようになるというメリットをもたらしてくれます。

特に、毎日料理をつくるキッチンからリビングを見渡せる構造にしておけば、料理をしながらでも子どもたちの様子を確認することができ、安全確認にもつながります。

子ども部屋は広めにつくっておく

子どもの成長は意外と早いものです。そのため、小さい時期だけに合わせて子ども部屋も小さくしてしまうと、子どもが成長したあとに部屋が狭くなってしまいます。

子ども部屋は最初から広めに作っておき、自由に仕切れるようにしておくと、子どもの成長に合わせて部屋の広さを変更していくことができるでしょう。

玄関スペースは広めにしておく

玄関スペースもある程度の広さを確保しておくのがおすすめです。

玄関が広ければベビーカーが起きやすく、家族が増えても靴や傘などの置き場に困らなくて済みます。また、ただ広くするだけでなくシューズクロークを設置するのもおすすめです。子どもの三輪車や遊び道具を収納することで、屋内の収納スペースを有効活用できるようになります。

バスルーム&洗面所も広くしておく

親子で一緒に使えるように、バスルームや洗面所も広くしておくと快適です。特に子どもの多い家庭では、バスルームはもちろんのこと、浴槽自体の大きさも親子で一緒に入るのに十分な広さがあるかどうかをチェックしておきましょう。

洗面所は、子どもの体を拭くための十分なスペースが確保されているかどうかをチェックしておきましょう。

事故が起きやすい場所と対策もチェック

転倒事故が起きやすい「階段」

屋内でも特に転倒事故が起きやすい場所が、階段です。場合によっては命に関わる事故が起こることも少なくないので、階段での事故対策は非常に重要です。

階段での転倒事故の原因としては、手すりが設置されていない、階段自体が滑りやすいなどが挙げられます。特に手すりについては、建築基準法が改正される前の2000年6月1日以前に建てられた建物には手すりが設置されていないことが多いので、あとからでも安全のために手すりを設置しておくのがいいでしょう。

足を滑らせてしまうことに対する対策としては、階段の先端部分に「段鼻」という突起部分を設置するのが有効です。ほかには、靴下やスリッパを履いての上り下りは滑りやすいので控える、足元灯を設置するなども有効な対策となります。

転落事故が起きやすい「ベランダ」

階段での転倒事故と並んで家屋内で起きやすいのが、ベランダからの転落事故です。ベランダからの転落事故を防ぐもっとも有効な方法は、子どもを一人でベランダ付近で遊ばせないことでしょう。手すりや柵があったとしても子どもがそれらを登って外側に転落してしまうことは十分考えられるので、過信は禁物です。

ベランダにはプランターやエアコンの室外機、野外用の椅子などといった足場になるものが置かれていることが非常に多いです。これらのものは子どもの足場になりやすいので、小さい子どもがいる家ではなるべく、ベランダに物を置かないようにしましょう。

室外機も子どもが足場にしやすいような位置に置かないようにしてください。また、手すりや柵を設置するときは、柵のあいだは10cm以下にしましょう。あまり広い間隔にしていると、その隙間から子どもが抜け出して転落してしまう危険があります。

ヒートショックによる事故

屋内の目に見えない危険として挙げられるのがヒートショックです。ヒートショックとは、気温の高い部屋から低い部屋に移動した際に、その急激な温度変化で血圧が変動し、心臓に強いショックが加わる現象のこと。

このヒートショックは、特に冬場に気温が下がりやすい廊下、トイレやお風呂などの水場で起こりやすいことで知られています。そのため、これらの場所に「冷気」が溜まりにくくすることが、一番の対策となります。家の中を適温で保つためにも、窓に断熱サッシを設置する、足元にヒーターを置くなどの対策が有効です。

また、新築時には浴室や脱衣所などへの動線をできるだけ短くすることで、寒い場所を長時間移動する必要がない間取りにするのもおすすめです。リビングダイニングの隣に浴室や脱衣所を配置すれば、暖かいリビングダイニングと脱衣所や浴室の温度差が小さくなり、ヒートショックも起こりにくくなります。