あなたのこだわりを「質の高さ」で叶える
浜松の注文住宅会社3選
厳選!浜松市の頼れる注文住宅メーカーガイド » 【PR】地元素材の使用にこだわる村木建築工房を特集

【PR】地元素材の使用にこだわる村木建築工房を特集

公開日:|最終更新日時:

【PR】木を知り尽くした匠が建てる自然素材の家

村木建築工房では、地元で育った天竜材を使った家づくりを行なっています。

木を徹底的に知り尽くした匠が建てる注文住宅は、地元の気候や風土になじみ、地震にも強いという特徴があります。

そんな村木建築工房の「木へのこだわり」を紹介していきます。

地震に強い木の家づくり

木造住宅と聞くと「地震に弱いのでは…」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際には鉄やコンクリートに比べて引っ張りや圧縮に対する強度が高く、重量が軽い分、地震時の揺れが小さくなるという特徴があります。

湿度を最適に保ちキレイな空気を保ってくれる

村木建築工房では、構造材や床材に使われる木材はもちろん、漆喰を使った壁材、畳などにもこだわっています。

これらの素材は調湿機能があり、家の中を適度な湿度に保ってくれるメリットがあります。

湿度は高すぎるとカビやダニの発生につながり、低すぎてもウイルスの繁殖につながるため、湿度を快適に保ってくれる素材を使用することで、健康面にも配慮した住空間が期待できるのです。

木の魅力を存分に引き出す「板倉造り」

村木建築工房が採用している工法の一つに「板倉造り」があります。

これは、正倉院や伊勢神宮などに使われている日本古来の伝統工法。

高温多湿な日本において、湿度や温度を一定に保つために用いられた工法になります。

村木建築工房では、この「板倉造り」に現代の技術を取り入れたハイスペックな工法を採用。

性能はもちろん、見た目の美しさも兼ね備えた家を仕上げてくれます。

木を知り尽くした
村木建築工房の
注文住宅をもっと見る