あなたのこだわりを「質の高さ」で叶える
浜松の注文住宅会社3選
これがなければ注文住宅の意味がない浜松の地元住宅メーカーで叶えられる
注文住宅ならではの

平屋

  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/(完成予想図)
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/

年を取っても暮らしやすい「階段の無い家」という選択肢。
建売にはファミリー向けに作られた2階建てが多い中で、平屋は注文住宅ならではのこだわりといえるかもしれません。平面なので生活導線を描きやすく、建てる前から暮らしのイメージができます。

平家の工務店

遠鉄ホーム

遠鉄ホームの
施工事例を見る

自然素材

  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01

一段上をゆく「自然素材・木の家」はどうですか。
板倉造りとは、伊勢神宮などの神社仏閣に採用されている伝統工法です。通常よりも3倍ほど多い無垢の木材を贅沢に使用する村木の板倉造りは、調温・調湿に優れ年間を通じて快適に過ごせます。

自然素材の工務店

村木建築工房

村木建築工房の
施工事例を見る

独創的外観

  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/french-antequeno-kawaiiie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/

せっかく注文住宅を建てるのに、外観にこだわらずどこにこだわるつもりですか?
エコーアートなら内外をヨーロピアンやメルヘンチックな雰囲気で満たし、ひと目で「好き!」と思える注文住宅を叶えられます。

独創的外観の工務店

エコーアート

エコーアートの
施工事例を見る

厳選!浜松市の頼れる注文住宅メーカーガイド » 注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » 注文住宅を建てるときに失敗しないためには

注文住宅を建てるときに失敗しないためには

公開日: |最終更新日時:

注文住宅をたてるうえで、失敗しないために抑えておきたいポイントを紹介しています。注文住宅で理想の家づくりをしていく際には、他の部分にスペースがとられすぎて玄関や風呂にしわ寄せが寄ってしまいがちです。失敗しなくて済むようにチェックしていきましょう。

失敗しないために押さえておきたいポイント

リビングの広さ

リビングは、家族がゆっくりと時間を過ごすことが多い場所なので家族が移動したり座ったりする場合にも余裕があってぶつからないスペースをとることが大切です。

居室が1部屋の場合にリビングダイニングは8畳、2部屋以上だと10畳以上が目安とされています。これを目安として考えた場合は、4人家族と想定すると14畳以上は必要ということがわかります。この数字は最低限必要な広さなのでライフスタイルや荷物も考えて広さを考えることが大切です。リビングに広いスペースを確保できない場合には、吹き抜けやリビング階段を設置して解放感ある空間にすることがおすすめです。

狭い敷地の場合は、そのような土地を得意とする設計事務所に相談してみることも大切です。

収納スペース

注文住宅を依頼した場合、設置した収納スペースの奥行きや幅が足りなくて入れたいものが入らないといった失敗をしてしまうことがあります。収納スペースを確保する場合、どのようなものを収納したいのか、何を置いておきたいかを考えることや使いやすい設計となっていることが大切です。どのようなものを入れるかを考えてから設置しないと活用できないデッドスペースになってしまうこともあります。

収納スペースがしっかりとある場合も、家事や生活での動線をしっかり考えないと開けにくくなってしまうこともあります。機能を十分に活かせるように収納を設置する位置もしっかりと考えることが大切です。

お風呂場は生活や掃除を意識して決める

注文住宅の場合はリフォームと違い、限られたスペースにお風呂を設置する必要はないように考えてしまいます。しかし、リビングや部屋など他のスペースを優先して確保していくと徐々にお風呂のスペースが狭くなってしまうことがあります。

お風呂に入るイメージだけでなく、掃除をする際のイメージもしっかりとしておくことが大切です。素材によっては汚れが目立ちやすかったり掃除が難しかったりするものもあるので、掃除する時のこともよく考えておくことが大切です。

また、オプションを利用したけれど結局使わなかったというケースもあります。オプションを頼むか迷ったときには普段の生活を思い返してみて必要かどうかを考えましょう。

リビングをはじめとした居住空間や収納などを考えると、お風呂は後回しになってしまいがちです。

しかし、お風呂は家族にとっても大切な共有空間でリラックスして一日の疲れを癒す場所でもあります。快適に過ごせる工夫や家事動線も考えていくことで後悔の無い選択がしやすくなります。

トイレ・お風呂場などの水回り

洗面所と脱衣所を同じ空間に設置している設計も多くありましたが、生活スタイルの多様化によって、洗面所と脱衣所が同じことで生活に支障が出てしまう場面も増えてきました。例としては、洗濯機や洗面台を使いたいときに家族が入浴していて利用しにくいといったケースがあります。

また、トイレの位置をよく考えておかないと、場合によっては玄関からトイレが丸見えになったり、トイレの音が玄関まで聞こえてしまったりとトイレに行きたいときに行き辛い状況になってしまうこともあります。

せっかく建てた家が不便なのは、とても残念なことです。生活しやすくなるように水回りの設置位置は生活をイメージしながらすることが大切です。

玄関

リビングやキッチン・部屋などのスペースを取っていくと玄関にあまりスペースを割けなくなってしまったということが良くあります。狭いスペースの玄関になると、圧迫感を与えてしまい、人によっては家の出入りをする度にストレスを感じてしまうこともあります。また、ウォークインシューズクロークを靴収納として設置した場合には、スペースを取る割に収納量はあまりなく、使いにくく玄関が狭くなってしまいがちなので注意が必要です。

家族の人数によって必要になる収納やスペースも変わっていきます。家族の生活スタイルや人数に合わせて玄関をどのようにするか考えましょう。

設備はどこまでこだわる?

機能にこだわると、システムバスをはじめとしたオプションの組み方によってはスパ気分を味わえたり、サウナを楽しめたり、テレビやミストなども設置することが可能です。しかし、このように様々な機能を備えたのに活用していなかったり、入浴を長くしすぎてしまったりすることにつながっている場合もあります。

機能性は予算の範囲内

注文住宅で理想の家にするとなると、やりたいことを詰めていくと予算オーバーしてしまうことも多いです。いろいろと詰め込んだ結果、気がついたら予算を超えてしまっていたということもあるので、担当の営業とこまめに連絡を取って、何か変更したり検討するたびに見積りをしてもらいましょう。土地の費用や銀行手数料も考えておく必要があります。

コンセントの配置

コンセントの位置が使いにくかったり、数が足りない・多すぎて邪魔になってしまうなど、生活に合った設備にしないと逆にストレスが溜まってしまいます。

どのようなタイミングでコンセントやオプションで取り入れたい機器を使うのか、考えてみるとコンセントの位置・数の失敗や不要なオプションをお願いすることもありません。

窓の配置

太陽の光を採り入れられるように大きな窓にした場合、思っていた以上に光が入ってきてしまってまぶしく、家の中が熱くなってしまうこともあります。こうなってしまうと、昼間もカーテンを閉め切らなくてはならないこともあり、せっかくの採光が活かせなくなってしまうこともあります。

家を建てる地域・土地の日照傾向を時間ごとに把握しておくことでこのような失敗を避けることが可能です。

住宅の日当たりを活かせるような家づくりをしたいですね。

まとめ

注文住宅を建てる際には、リビングの広さやオプション・窓の設置などのメリット・デメリットをしっかりと把握しておくことが重要となります。後悔することが無いようにオプションや水回り・収納などの設置では生活のイメージを大切にしましょう。また、営業担当者とのコミュニケーション・信頼関係も重要となるため、注意が必要です。