あなたのこだわりを「質の高さ」で叶える
浜松の注文住宅会社3選
これがなければ注文住宅の意味がない浜松の地元住宅メーカーで叶えられる
注文住宅ならではの

平屋

  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/(完成予想図)
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/ordermade/bright-hiraya/
  • 遠鉄ホームの注文住宅施工事例引用元:遠鉄ホーム https://entetsuhome.com/customers/example/example05/

年を取っても暮らしやすい「階段の無い家」という選択肢。
建売にはファミリー向けに作られた2階建てが多い中で、平屋は注文住宅ならではのこだわりといえるかもしれません。平面なので生活導線を描きやすく、建てる前から暮らしのイメージができます。

平家の工務店

遠鉄ホーム

遠鉄ホームの
施工事例を見る

自然素材

  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01
  • 村木建築工房の注文住宅施工事例引用元:村木建築工房 https://muraki-k.jp/works/detail/01

一段上をゆく「自然素材・木の家」はどうですか。
板倉造りとは、伊勢神宮などの神社仏閣に採用されている伝統工法です。通常よりも3倍ほど多い無垢の木材を贅沢に使用する村木の板倉造りは、調温・調湿に優れ年間を通じて快適に過ごせます。

自然素材の工務店

村木建築工房

村木建築工房の
施工事例を見る

独創的外観

  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/french-antequeno-kawaiiie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/maruitougaaruie/
  • エコーアートの注文住宅施工事例引用元:エコーアート https://echo-art.jp/works/shavy-sick-home/

せっかく注文住宅を建てるのに、外観にこだわらずどこにこだわるつもりですか?
エコーアートなら内外をヨーロピアンやメルヘンチックな雰囲気で満たし、ひと目で「好き!」と思える注文住宅を叶えられます。

独創的外観の工務店

エコーアート

エコーアートの
施工事例を見る

厳選!浜松市の頼れる注文住宅メーカーガイド » 注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » 【2世帯・3世帯向け】シニア世代も暮らしやすい注文住宅は?

【2世帯・3世帯向け】シニア世代も暮らしやすい注文住宅は?

公開日: |最終更新日時:

注文住宅を建てる人の中には、2世帯、3世帯といった大家族で住める家を立てようという人もいるでしょう。そうなると、壮年、老年の方も一緒に暮らすことになります。注文住宅を建てる際には、そうしたシニア世代が安全に暮らせるバリアフリー住宅にする必要があるのです。ここでは、シニア世代のためのバリアフリー住宅を建てるためのポイントをまとめてみました。

シニア世代が暮らしやすい「バリアフリー住宅」

バリアフリーは、もともとは高齢者や障害のある人々が安全な暮らしを送れるようにすることを目的として、建物内外にある段差を取り除くことを意味していました。しかし、近年では物理的な障害にとどまらず、心理的や制度的な側面における障害を取り除くことを意味するようになっています。

注文住宅を建てる際のポイントは?

バリアフリーな注文住宅を建てる際には、段差を取り除くことだけでなくさまざまなポイントに気をつける必要があります。ここでは、バリアフリー住宅を実現するための代表的なポイントを見ていきましょう。

段差を減らし手すりをつける

段差の削減と手すりの設置は、バリアフリー住宅の基礎とも言えるポイントです。消費者庁が調査した結果によれば、高齢者が救急搬送された「不慮の事故」の内、約8割が転倒・転落を原因とするものだというデータもあります。(※1)

※1.消費者庁「高齢者の事故の状況について」(https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_009/pdf/caution_009_180912_0002.pdf)

従来の日本家屋には、さまざまな場所に段差がありました。例えば、板の間よりも和室の床が畳の分だけ高くなっていたり、くつずりや建具の下枠などの数ミリの段差がそれに当たります。こうしたごくわずかな段差であっても、高齢者にとっては転倒を誘発させる危険なポイントなのです。そのため、まずはこうした段差をなるべくなくすことがバリアフリー住宅実現の第一歩と言えるでしょう。

また、手すりの設置には大きく分けてふたつの意味があります。ひとつ目は、階段や廊下を歩くときに転倒を防止するためのもの。もうひとつはトイレや浴室、玄関といった立ったり座ったりする動作が必要になる場所で掴まるためのものです。

介護のしやすさも視野に入れる

バリアフリー住宅は、もちろん高齢者や障害者が安全に生活、移動できる環境を整えることが目的です。しかし、将来的なことを考えると、そうした高齢者が介護を受けることも視野に入れた設計をしておく必要があります。

介護を視野に入れるときにもっとも重要なのは、寝室の配置や仕様です。寝室の近くにトイレを設置するのは当然として、トイレまで移動することが困難な場合には寝室を広くしてポータブルトイレを置けるスペースを確保しましょう。また、ベッドは介護しやすいように壁から離しておくのもポイントです。

今現在バリアフリー化が必要かを考える

「バリアフリー環境はいつ必要なのか」は、バリアフリー住宅を建てようとする際に考えておくべきポイントです。一般的にはバリアフリー住宅は必要に迫られて改装することが多いですが、新築の場合は最初から将来的なことを考えてバリアフリーな環境を整えておくという場合もあるでしょう。しかし、介護施設や高齢者向け住宅への入居や住み替えを考えている高齢者もいるので、将来的にどうするかがしっかり固まっていない状態で完全バリアフリーの住宅を建てることは、あまり現実的ではありません。

いきなり住宅のすみずみまでバリアフリー化させるのではなく、家族の状況を鑑み現在必要な設備のみを設置。そして後々バリアフリー化するため、リフォームのしやすいような設計にすると良いでしょう。

バリアフリー住宅の具体的な間取り

高齢者が快適に暮らせるバリアフリー住宅の実現のためには、間取りも考えなくてはいけません。ここではバリアフリー住宅に必要な間取りを見ていきましょう。

玄関までのアプローチにスロープを作る

バリアフリー化の代表的な設計である玄関までのアプローチですが、いざ設置するとなるとなかなか大変です。「建築物移動等円滑化基準」(※2)ではスロープの勾配は1/12以下と定められています。そのため、仮に玄関ポーチが地面から40センチとするとスロープの長さは4.8メートル必要になる計算になります。これだけのスペースを確保するのは簡単ではないので、場合によっては電動昇降機などの設置を考える必要もあるでしょう。

※2.国土交通省「建築物移動等円滑化基準チェックリスト」(https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/barrier-free.files/07-00enkatuka.pdf)

トイレは広くして手すりをつける

トイレのバリアフリー化は非常に重要です。将来的なことを考えて、車椅子のまま入れたり、介助者も一緒に入れたりするだけのスペースを確保しておく必要があります。また、スペースの確保のためには開き戸ではなく引き戸にするのが望ましいでしょう。